@media screen and (max-width:728px) { #ninja-hp-inactive{ display:none; } #ninja-hp-inactive-footer{ display:none; } }
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


黄忠ガンダム




"暁の狙撃手"黄忠ガンダムです。


 
軽装タイプ


 
通常形態



全鎧形態



鋭真弓(しんえいきゅう)



龍鱗剛烈弓(りゅうりんごうれつきゅう)



 



連龍牙形態



龍輝宝装着



 



 



 魏延マークIIと。
津島版でのこのコンビ大好き。




五誇将軍の最後の登場となりました、老将黄忠ガンダムです。
初登場は『英雄激突編』の赤壁の戦いで、"蔡瑁アッグガイ"を狙撃したところでした。
それまでは演者すら不明でしたので、登場→キット化の流れがかなり急でとても嬉しかったです。

スコープはHアイズ、兜の宝玉はネイルアート用のジュエルストーンを使用しました。
矢の形状はシャープ化ついでに∧状に変更しています。

これだけのボリュームで通常価格(600円)というのがスゴイです。
翔軍では一番好きなキットです、塗り替えで魏延が作れるというのもお得感があって良いです。
……実際は大人の事情ゆえに仕方なくこうなっちゃったみたいですが(矢野先生のブログでこのあたりのゴタゴタが垣間見れます)。

流石に大弓、龍鱗剛烈弓にはPCの保持力負けてしまってます、ポーズとりにくいです。
でもそれくらいしか不満箇所が思い浮かばないのがすごいです、このキット。

劇中では漢中で機駕軍追い散らした次はいきなり最終決戦しか出番がなかったのが残念でした。
『戦神決闘編』はキャラもてあまし気味(詰め込み過ぎ?)だと思います、あの前代未聞のリリースラッシュを考えると仕方の無い事だとは思いますが。
演義みたいに"厳顔ガンダム"とのコンビや"夏侯淵ダラス"との決闘とか見たかったです、真シリーズに期待したいです。