@media screen and (max-width:728px) { #ninja-hp-inactive{ display:none; } #ninja-hp-inactive-footer{ display:none; } }
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


馬超ブルーディスティニー




"蒼穹の錦獅子"
馬超ブルーディスティニーです。


 
軽装タイプ



 
通常形態



獅龍極煉槍
(しりゅうごくれんそう)



 




 




 




暴走モード




 




 




 




 





最終章の主人公、馬超ブルーディスティニーです。
複数形態の変形する武装と瞳の切り替えによる暴走モードをも再現した主人公キット……のはずなんですが。
組んだことのある方ならお分かりかと思いますが、少々難の多いキットです。

このキット最大のストレスは手首の保持力です。
迫力の武器である獅龍極煉槍、ボロボロ取れます、まともに持たせられません。
デザイン上、身体との干渉箇所が多い武器なため非常に動かしづらく、少し力が加われば手首ごと取れます。
"劉備ガンダム"等に付属している長穴の手に交換し、槍の柄を延長("趙雲ガンダム"のを使用)してやれば若干干渉度合いは少なくなりました。
それでも二槍を連結した状態だと自立さえ困難ですが。

暴走モード形態ではカメラアイのパーツごと赤く塗装した物に交換しています。
瞳は"趙雲ガンダム"のものを切り抜いて貼り付けています。
キットのままだとインパクト皆無でしたので……。

ノーマルモードの瞳がキラリと光って、このクリアグリーンのカメラアイ非常にかっこいいキットです。
発売当初はこれから三国伝キットの標準装備になってくれるのかと期待しちゃいました。